ブルックリンの公立校でサルサのパフォーマンス!

b0130809_14432851.jpgカルロスチームの次のパフォはブルックリンの公立校の子供達の前で踊ることになった。005.gifもしかして全校生徒の前で? でもいつものサルサのソーシャル・パーティで大勢のダンサー達の前で踊るよりこっちのほうがずっと楽しいのだ。ソーシャルではどんなもんか見てやろうじゃないの017.gif~~?的な空気がムンムンだもんね~。それはそれでいいけどね。

そのブルックリンでのショーが急に決まって6月18日にやることに。しかも私達だけで40分のショーの依頼らしくってそれに向けてのリハーサルがさっそく始まったのだけれど。。

昨日は夜中の12時半までリハをやっていてもう今日はくたくた007.gif。。うちにかえったら朝の1時半だった。このスケジュールでショーの前日まで週4回のリハーサルが組まれた~~。

私もやる047.gif!と決めたからにはこのコミットメントに文句言わず最後までやりとおすぜぃ。短期間だからね。後10日ぐらいだもん。しかし。覚えないといけないこと山盛りだわ。

何曲か何組かに分かれて新しい振り付けもあり、前にやったコリオグラフをアレンジしたものもあり、私達がこの5月から踊り続けているAzulitoのパフォもある。私のダンスパートナーはこのショーの日はNYにいないので代わりにこのチームの先生であるカルロスが私のパートナーになることになった。

昨日カルロスと2回通しでAzulitoのリハをやったけどやっぱりさすがプロだね。一番のポイントである14回連続スピンがブレない。まったく芯がブレない066.gif。しかも1回おまけで15回になっていた。速いからかな。実はオリジナルのパートナーとはこのスピンのときが毎回ちょっと心配っだったていうか。何回かに1回ぐらいしかぴたっとできない。。it’s not easyなんだな。。これが~~。タイミングとポジション、コネクションの力加減がすべてぴたって合わないと出来ないのだ。いつもとにかく考えないでJust do it! っていきおいでやってるけど。

見てるほうはあっという間だしあまりわからないと思うけど回っている本人はいつもああ~いまひとつだなあ。。って思っていたのだ。実は。。。

でもなんかカルロスと踊ってやっと満足感が初めて味わえた001.gif。正直に言うと。

それからショーの最後にみんなで踊るキューバン・ルエダ、これは複数のペアが輪になって踊るのだけど。カルロスの複雑極まりないルエダのパターンに輪の中央で衝突事故が続出!みんな苦戦していたけど可笑しくって笑いまくり。。

昨日もこうして夜が更けていった。。

b0130809_14213578.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-06-06 14:26 | サルサ! | Comments(2)

JAPAN DAY@セントラルパークNYC

セントラルパークのJapan Dayのイベントに行ってきました~♪ 
とっても気持ちのいい日でたっくさんの人たちがこのJAPN DAYに集まってきて日本人がもっと多いのかしらと思っていたら圧倒的に外人多し。あ、ここでは私が外人だ!

いや~日本のコスプレが人気あるって聞いていたけどいっぱいコスプレの格好したティーンの子達がいて自分達のコスチュームを誇らしげに披露して可愛かった。日本のアニメもこっちでは大人気ね。ロリータ風の格好したアメリカ人の女の子たちや浴衣を着ている人、その他怪しげな格好の子達もいっぱい。
b0130809_23572337.jpg

朝一番のCOBU(鼓舞組)の太鼓とタップダンスのパフォを見たかったので早起きしてと行ったんだけどやっぱりかっこよかったですね!鼓舞組のパフォは~、大満足♪。(COBU: Off Broadwayの人気ミュージカルショー、 STOMPに唯一の日本人として出演中のYAKOさん率いるパフォーマンスグループでNYでも大人気)
b0130809_23584874.jpg

b0130809_23592112.jpg

子供連れの家族やワンコを連れてきて芝生で寝転がってみんな気持ちよさそう。
b0130809_001784.jpg

b0130809_034022.jpg

無料の日本の餃子や味噌スープのFOODのブースには長蛇のライン。
b0130809_23594932.jpg

b0130809_042254.jpg

可笑しかったのは先日ボランティア活動で子供達と一緒に遊んだチョップスティック・ゲームに長蛇の列。賞品がいいのかしら?こんなに割り箸ゲームが大人気とは? お箸でちいさなスポンジをつまんでボールに入れるゲームなんだけど。

久しぶりにだんなと二人で行ったセントラルパークは緑がいっぱい。いい天気で気持ちよかった~~。

ボランティア活動で知り合った友達や仲間とも沢山会って楽しい1日だった。
b0130809_00508.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-06-03 00:05 | ニューヨーク生活 | Comments(1)

NY de Volunteer! アメリカンキッズとお寿司を作って食べるの巻♪

b0130809_2381596.jpg


今私達がやっているニューヨークでボランティア!というNPOのプログラムのひとつであるExplore Japanese Culture! an After School Program"はニューヨーク市からも絶大な人気でここにもあそこにも来てほしいという依頼が沢山来ているらしい。考えてみれば当然である。こんな楽しい企画は他に類を見ないから。やってるボランティアの私達もめちゃ楽しい!最近のアメリカン・キッズはパワフルである。

お寿司を作る前に恒例の毎回テーマを決めて“TRUE OR FALSE (本当orうそ)”クイズを子供達とやって遊ぶ。このクイズの問題を考えるのとっても楽しい。例えばこんな感じ。。

- 日本人は毎朝朝食にお寿司を食べる。
- 日本人はピザをお箸で食べる。
- 日本にマクドナルドはない。

ええ~~?なにぃ~~??このアホな問題は~~???なんて思わないで!これで毎回子供達は異常にエキサイトするのだ。奇声上げたりリアクションが凄すぎである。日本にマクドナルドがないと答えた子が大半だったりこちらもビックリ仰天すること毎回である。

お箸の持ち方の説明したり、お箸でゲーム。アメリカンキッズは勝負事になるとたとえそれが何であれすごいエキサイトする。ぎゃあああ~~~!!と叫びまくり体いっぱいで表現。

さて今回は子供達とお寿司を作って一緒に食べる企画。NYではお寿司はすっかり定着していてどこでも寿司パックのランチなど売っているし今時NYに住んでいてお寿司を食べたこと無い人などいないと思っていたが大間違い。

ワシントン・ハイツの子供達は圧倒的にドミニカン・リパブリックからの移民の子が多くてこの日も初めてお寿司を食べた子がほとんどである。やっぱり黒い海苔が気持ち悪いんだろうね~、寿司飯のお酢のにおいにウエッとなってる子も。子供達にすればなんだかブラック・ペーパーにビネガー・ライスに。その中になんかいろいろ入ってって。こんなの食べるなんてムリ!ムリ!アリエナイ!

でもみんなお寿司を作るデモに興味深々。その後みんなでお寿司作りして食べる。
子供達の嬉しそうな顔!顔!沢山作ってこれをママに持って帰るって言い出す子も何人も出てくる。が!お持ち帰りは絶対ダメなのだ。食中毒などの問題などからNY市の方から固くこれだけはダメ!と言われていた。持って帰ったらその日に食べるか3日後に食べるかもしれないしまったくコントロール不可能である。

もちろんこのお寿司作りの企画の前にNY市の職員の人に子供達の親全員にフード・アレルギーのある子はいないかと食材を全て英語で明記して聞いていた。これを忘れる大変なことになる。

★お知らせです★
この日の活動はTV.JAPAN(日本のNHK)の新しいTV番組の第一回目の放送で紹介される予定で私もインタビューで出演。きゃ~ん、ちょっと恥ずかしいね。放送予定日はまだ知らないの。

このボランティア活動を始めて気がついたらいつの間にかスタッフになっていた。
こんなに多くの子供達に喜んでもらえるなんてめちゃ嬉しいしこのプログラムに参加した子供達は将来日本大好きになること間違いなし。この活動を通して普段の生活なら知り合うことのなかった魅力的な人達といっぱい知り合えて私の生活にも変化が表れ始めている。

別の企画で今度はNYの老人ホームを訪ねてお年寄りの人たちにメイクやネイルをしてみんなで綺麗になるという企画が始まろうとしている。私達もプロのメーキャップ・アーティストの人からレッスンを受けてお年寄りの人たちにメイクをする企画。ね?ステキでしょう? Yes, We Can!

b0130809_2464552.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-31 02:47 | NY de Volunteer | Comments(2)

幸せになる義務

b0130809_1533367.jpg


すごい行列ですね・・・
これは何を待っているのですか?

私は隣の人に尋ねた。

これはね、閻魔様の裁きを受けるための列だよ。

閻魔様?
それって地獄の入口で死んだ人を裁いて
嘘をつくと舌を抜かれるというあの閻魔大王?

そうだよ。

えーっ閻魔大王ってほんとにいたの?

ははは、でも本当はそんなことはしないけどね。
閻魔様はただその人がちゃんと生まれる前に自分で決めた
義務を果たしたかどうか判断するんだ。

へぇ、生まれる前に決めた義務か・・・?


私は自分の人生を振り返った。
私は嫁ぎ先で苦労ばかりしていた。
寝たきりの義母。
酒やギャンブルに溺れて散財する夫。
何とか自分が頑張って家を守らねば、そんな思いで一生懸命頑張った。
頑張って、頑張ったあげくに病気になり、そのまま死んでしまった。

そうこうしているうちに私の順番が回って来た。
簾のようなものが掛かっていて閻魔様の顔はよく見えない。

「お前は今回の人生で自分の義務を果たしたか?」

「はい、私は義母の看病をし、夫の代わりに働き、
 一生懸命頑張って家族を支えました。十分義務は果たしたと思います。」

「そうだな。お前は自分を犠牲にしてまでよく頑張った。
 だが残念ながらそれはお前が生まれる前に決めた義務を果たしたことにはならないのだ。」

「えっ?どうしてですか?」

「お前は生まれる前にこう決めた。
 幸せな人生を送ると。
 だが今回は他人へ尽くすばかりで自分を幸せにすることはできなかった。
 自分がやらねば、自分がやらねばという思いばかりが先立って
 本当の自分の心の声は聞くことはしなかったようだ。
 だからお前は義務を果たしたことにはならないのだよ。」

「そんな・・・家族のために尽くすことがなぜいけないんですか?」

「いけないことではない。それはそれでとても素晴らしいことだ。
 だがお前は毎回どの人生でも同じような苦労ばかりしている。
 自分を犠牲にすることが良い事だという節が常にあるのだ。
 そうではない。
 自分の幸せにを犠牲にして、他人の幸せなど成り立つはずはない。
 まず自分ありきで考えなさい。
 人生において己の心がすべての土台となる。
 そこが崩れていては、何も成り立たなくなるぞ。
 今まで苦労ばかりして来たのだ。
 もうそろそろ自分の心の声を聞いてやってもよいのではないかな?」

「は、はい。」

「では判決を下す。
 もう一度人生をやり直して来なさい。」

「はい。」

その時簾が開き、見えなかった閻魔様の顔が見えた。

「あっ!」

そこには想像していたあの恐い形相の閻魔大王はおらず
穏やかな顔の観音様が立っていた。

「閻魔様は・・・観音様だったのですね。」

「よいか?
 お前達人間は、幸せになる権利があるのではない。
 幸せになる義務があるのだ。
 自分を幸せにする義務があるのだよ。
 そのことを決して忘れぬように。」

「は、はい!」


人間は何度も何度も生まれ変わるという。
そしてそれは本当に自分を幸せにできた人生が送れるまで続くらしい。
私達が今生きている理由。
それは自分を幸せにするため。
そう、私達人間には幸せになる権利、
ではなく『義務』があるのだから。

ありがとうございました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

b0130809_1541869.jpgこれは生きているのが苦しいといった人にある人が話したストーリーです。なかなかぐっと心にタッチするものがあったのでみんなとシェアーしたいと思ってUPしました.

やっぱり人間て何度でも幸せになるために生まれ変われるようにできているんだね。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-25 01:57 | ニューヨーク生活 | Comments(4)

カルロスチームのパフォ無事終了!

先週末の土曜日、私の所属してるカルロスチームの新しいルーティンのAzulito PerfoをCasa de la Salsa Partyでやりました。

見に来てくれた沢山のひとたち、どうもありがとう~~~~~!

今回のカルロスのルーティンはとっても難しく、しかもAzulitoのアップテンポの早い曲でスピンもめちゃめちゃめちゃ多いのでかなり練習しましたね。両足開脚やリフトでさかさまになったりするのでパンツ丸見えです。アンダーはしっかりBoy Shortsはいているとはいえ。。 あ~あ~です。

ファッションの仕事をずっとやってきた私にとってはサルサのコスチュームのケバイのにはいまだになじめない。。。


ドレス・リハーサルのときパンツ丸見え~~って気にしていたら。
カルロスやメンバーのみんなが誰もパンツなんか見てるか~、って。。サルサは見せてなんぼの世界か?

これでわたしがばっちり背も高く藤原のりかのようにスタイルもバリバリのナイスバディだったらいくらでも見せてやる!!!!んだが~~~~


4カップルの8人編成でダンスパートナーもくるくる変わるしリハのとき一人でも抜けたらやりにくいし、途中でメンバーチェンジもありこのAzulitoのパフォは思いが深いです。


次回は私達のホームグランドでもあるCarlos Konig Sunday Socialで5月24日にパフォしますので見に来てくださいね~。

b0130809_22544667.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-19 23:03 | サルサ! | Comments(2)

深夜過ぎのニューヨークの地下鉄の中で

b0130809_5194398.jpg

NYに来た当初は考えられなかったけどここ2年ほど少なくとも週に2度は必ず深夜過ぎにNYの地下鉄に乗って帰路に着く。これはサルサのリハーサルの時間帯がかなり遅いからでいつも帰りは午前様。好きなこととはいえ結構きついし次の日の朝つらい。

夜中の12時過ぎの地下鉄の中って案外昼間と変わらないけど時々変な奴。危なそうな奴もいる。 

そのなかでものを食べている人って結構見かけるけど昨日も前に座っていた。生のりんごにピーナツバターをベットリつけて一心不乱に食べている変な奴。ったくアメリカ人は何でもかんでもピーナツバターをつけて食べるけどりんごにもアリか・・・と。いい大人の男がアホちゃうかぁあ。。。と思うのだけど。 ここはNY。日本の常識は通用しない。外見で人を判断しちゃいかん。ん?
b0130809_5283519.jpg

b0130809_5212784.jpg

もちろんNYの地下鉄は24時間動いているので乗ってる人も様々。さすがに寝てる人はいないけど見るからに仕事に疲れているひと。何人がまったく人種がわからない人。油くさい人(たぶんレストランのキッチンで働いている人だと思う。隣に座って欲しくないけど)ゲームに夢中のスパニッシュの兄ちゃん。ガンガンにipod聴きまくってる奴。遊び帰りの子達、当たりかまわず大声でしゃべっているチャイニーズのおばちゃん。メキシコ人のシンガー達。深夜過ぎったってあまり昼間と変わらない。通勤ラッシュのときはもちろんこんな感じじゃないけど。

b0130809_5263117.jpg

大体は8番街の42丁目のタイムズスクウェアーから乗るのだけどNYに来た当初今から十数年も前の話だけどこのあたりのアパレルメーカーでパターンメーカーとして働いていたことがあり。そこはロフトで中に入ればおしゃれな感じだったけどその周りがイワユル危ないエリアでホームレスやアル中、明かにぶっ飛んだ目をしてる人たちがごろごろ路上に居たので超怖かったのだ。

その当時はイーストビレッジのアルファベット・シティーに住んで居たのにもかかわらずこのあたりのほうが私にはずっと怖いところだったのである。違う怖さって言うか。。。

しかし私がタフになったのかNYが安全になったのかたぶんその両方だと思うけど今では平気である。タイムズスクエアーはNYCで一番大きな地下鉄の駅なのでいろんなパフォーマーやミュージシャン達が演奏してたりするのでそれを見たりしてけっこう楽しい。 
b0130809_5221365.jpg

でも深夜過ぎの地下鉄。絶対気を抜いちゃダメだけどね。

b0130809_524572.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-15 05:32 | ニューヨーク生活 | Comments(2)

NY de Volunteer / 日本の音楽とダンスをアメリカン・キッズへ紹介

以前にブログで紹介したけどあれから私はずっとマンハッタン、ワシントンハイツのアメリカの子供達に日本の文化紹介のボランティア活動を楽しく続けてやっている。前回のプログラムは現役のストンプのオフブロードウェイでメンバーで活躍されている宮本やこさん率いるCOBUのパフォーマンスを子供達に実演したこともあり超エキサイトしたので是非紹介して私達のやっているボランティア活動を一人でも多くの人に知ってもらわなくっちゃ♪
b0130809_45444.jpg

三味線も超COOLである。すごいエナジーと躍動感いっぱいのCOBUさん達のパフォはNYでもHOTで人気急上昇!
b0130809_461763.jpg

b0130809_4123789.jpg

b0130809_4515637.jpg

本格的なCOBUさん達の和太鼓・ダンスのパフォもありこの日はいつもの子供達だけではなく近くのパブリックスクールの子達も来て会場は約200人ぐらいの子供達の熱気と興奮で大変。いや~この私だって大興奮!ショーが済んで子供達も太鼓をプレイできるのでみんな大騒ぎ、列を作って順番に並ばせるのだけど我先にみんなやりたい!やりたい!と先を争う始末。そのうちCOBUのメンバーの人たちがそれではボランティアの人たちもプレイしませんか?と言ったとき私は真っ先に“ハイ!”と手を上げてやってみた。チョー、気持ちいいのだ!これがまた。和太鼓病み付きになりそう。。誰か助けて。。。
b0130809_411516.jpg


いままでこの活動を続けてブログに写真といっしょにUPしようと思っていたのだが子供の肖像権などの問題もありちょっと紹介できなかったけど今回特別にCOBUさん達パフォの写真の公開の許可ももらったし子供達の写真もブログなどへのパブリックへの公開もOKとなったのです。パチパチパチパチ~~!!!YEY!

特に私は自分が写真好きなせいもありこの活動の撮影担当をしているので沢山写真を撮っている。アメリカには肖像権がありたとえ子供であっても勝手に写真を撮ってパブリックには公開できない。とくにこういうリクリエーションセンターなどの子供達は親からの虐待などで施設に保護されている場合がある可能性もあるからだ。 
b0130809_4163236.jpg

これはアメリカ人狂言師のカールさんが子供たちに日本の狂言のデモをしているところ。

このボランティア活動で学ぶものは多いし。子供達の笑顔。普通の生活をしていたら知り合うことのない人たちと会えるしそして利害関係無く友達になれる。沢山の人たちが無償で社会奉仕している様はCOOLである。なによりも自分自身が楽しい。 継続は力なり! あれ?私なにか言葉の使い方間違ってるかな?

NY de Volunteerの公式サイト http://www.nydevolunteer.org/

最後にNYのオフ・ブロードウェー、STOMPで活躍中のYAKOさんとパチリ、かっこいい女性です。
b0130809_4264965.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-11 04:29 | NY de Volunteer | Comments(2)

The Latin Giants Live@NYC ! 最高のサルサ・ナイトだったよ~♪


b0130809_1262735.jpg
先週日曜、ジミーアントン・サルサソーシャル(New York City)にてラテン・ジャイアンツのコンサートがあった!そりゃ~~すごぉおおいメンバーが集まってサルサのライブだったのだ!

ピアノのソニー・ブラボーのもとにみんな彼と一緒に演奏したいがためにサルサ界の大物ミュージシャン達が集まって大オーケストラになったラテン・ジャイアンツだ。フランキー・バスケス、ジミー・ボッシュ、などTito Puente Band, Spanish Harlem Orchestra、many othersからそうそうたるメンバー。ほんとうにいいライブをみんなとシェアーできて最高の夜だった。NYに住んでいてよかったぜい !

ジミーアントン・サルサ・ソーシャルと言えばNYでサルサ踊っている人なら必ず知っているNYで一番のサルサ’イベントで(勿論わたしも一番大好きサルサ・イベントなのだ)その中でこんな感激なコンサートをしかもまじかで見れてHappyである。

そのとき私自身が最前列からデジカメで撮影した動画です。ちょっといいとこ撮りで3本まとめて短く編集したものです。楽しんでね♪


Thanks for a great night! Amazing night with Latin Giants concert!
[PR]
# by toshikomambo | 2009-05-08 12:11 | サルサ! | Comments(0)

NYサルサ!ジミー・ボッシュ! Jimmy Bosch, New CD, A Millon!

NYからサルサの新しいCDを紹介! ジミー・ボッシュのA Millon!

CDが出ていることはもちろん前から知っていたけれどどうせ買うならジミーボッシュ本人に会ったとき彼自身から買ったほうがいいなあ。たぶんどこかで会うだろうって思っていたらやっぱりこの前のジミーアントンのサルサ・ソーシャルで会う機会があった♪

友達のLUZが”Hey, Toshi, I can’t believe it, You ignored Jimmy!”「ジミーが呼んでるのに無視するなんてありえない!」 というので振り返るとそこにジミー・ボッシュが。

久しぶりにジミーと会ってダンスの前にちょっとおしゃべりして彼からCDを買う。CDのカヴァーにTo Toshi, My favorite Dancer. Much Love, Jimmy Bosch. [僕の一番大好きなダンサー,Toshiへ 沢山の愛をこめて] 
b0130809_0342869.jpg

嬉しいねえ~!ちゃんと私の名前のスペルまで覚えていてくれてるなんて。普通ラティーノは日本人の名前のスペルなんてちゃんと書けないのだ。実はジミーとはfacebookでもお友達。

そばにいた私の友達、パパイヤ鈴木に自慢して見せびらかす。ほれ~ほれ~!My Favorite dancerだって!見ろ~! パパイヤがもし大阪弁をしゃべったら、「あほちゃうか? そんなん、みんなに同じこと書いてるに決まってるで。」といって私の鼻を即効でポキってへし折ってくれた。でも同じことを他の人に書いていなかったことを後で知る。Yey!

「注:このパパイヤ鈴木って言うのは私がつけたニックネームだけど本当はエディで名前なんだけど本物のパパイヤ鈴木に非常に似ている。彼をラティーノにしてもっと若くした感じの子でとてもユニークな私のサルサ友達である。」

前置きが長くなってしまったけど。このアルバムとっても評判がいい。さすがNYで絶大な人気を誇るジミー・ボッシュである。

ここのところ毎日聴いている。ジミーボッシュはトロンボーン演奏者なのでこのアルバム全体にトロンボーンが前へ出ているけれど私にとってはそれは本当に聴いていて心地よいことだ。彼のトロンボーンは心に響いてくる。
チャチャもとってもいいし♪NYのスタイリッシュな洗練されたチャチャである。

なかでもスローなバラードでジミー本人がリードボーカルで彼のお母さんに捧げた歌、TE ADORO MAMIがとってもいい♪。

b0130809_037371.jpg
http://cdbaby.com/cd/jimmybosch4
このサイトから視聴できます♪ 是非聴いてみてね。

http://www.jimmyboschmusic.com/
ジミー・ボッシュのオフィシャル・サイト
[PR]
# by toshikomambo | 2009-04-30 00:43 | サルサ! | Comments(2)

ルーズベルト・アイランドの桜@NYC 

日本ではとっくの前に桜見のシーズンも過ぎて桜も散ってしまったらしいがニューヨークはこれからですね~♪ 先日友達がセントラルパークの桜とっても綺麗だったと言っていたので昨日の日曜日ルーズベルト・アイランドに久しぶりに行ってきた。
b0130809_0363466.jpg

b0130809_0384422.jpg

b0130809_0395666.jpg


ここはNYで桜を見るには超穴場なのだ。人は少ないし。マンハッタン・ビューも堪能できるし。ダンナが毎週末テニスをしているクラブがあるのでダンナがメンバーの人たちとテニスしている間にぶらぶらとマンハッタン・ビューを見ながら散歩して、日向ぼっこしてベンチで読みかけの村上春樹の本でも読もうと思っていたのだけど。。 やっぱりまだ早かった。 咲いていない桜も沢山あったし。それに寒くて川沿いのベンチで日向ぼっこなど。。とんでもにゃ~だ!Brrrrr・・・・
b0130809_0511796.jpg

b0130809_049668.jpg

でもちょっと早かったけれど咲いている桜も何とか見れたしちょっと気分のいい日曜日の午後を過ごしたのでした。テニス・ゲームの撮影したり、マンハッタンとルーズベルトアイランドの間を流れるイースト・リバーの川の流れをぼーと見てると心が落ち着く。 水の流れ、風、桜、を肌で感じたいい日。
b0130809_0411638.jpg

[PR]
# by toshikomambo | 2009-04-21 00:54 | ニューヨーク生活 | Comments(2)

スーザン・ボイル、スター誕生の瞬間。奇跡の歌声!

スーザン・ボイル、奇跡の歌声!まさにスター誕生の瞬間。私もこの動画見て感動して思わず涙ぽろり。久しぶりに私のハートにタッチしてくれたのでした。外見は大切、でも人は外見で判断しちゃいけないとたぶんこのVを見た世界中の人が感じたはず。田舎に住むぱっとしないおばさんが見事にやってくれました!

こちらをクリックしてください。日本語訳付きの動画にアクセスできます。必見です。

これはイギリス版のいわゆるスター誕生みたいなTVのオーデション番組でおこった奇跡の瞬間です。スーザンがこのとき歌った曲が世界的に大ヒットしたミュージカルのラ・ミゼラブルの“夢破れて”。この動画は日本語訳つきなのでまたこの歌詞をみてさらに心が熱くなるというか。「こんなはずじゃなかった・・・夢やぶれし、我が人生・・・・」

とにかく必見のヴィデオ・クリップです。
b0130809_1555252.jpg


上記の文章中の動画をオープンできなかった人はこの下のサイトをクリックしてみてね。
http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg 

追伸:ごめんなさい、この動画へブログ画面上からはアクセスできない方がおられるみたいですね。もしアクセスできなくて時間のある方はYou-tubeでSusan Bolye,またはスーザン・ボイルで検索してアクセスしていただければ幸いです。ご迷惑、お手数おかけして申し訳ありません。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-04-19 02:11 | ニューヨーク生活 | Comments(4)

オバマ家の新しいメンバー、わんこのBO(ボー)!

めちゃめちゃ可愛いですね。やっと決まったオバマ家の新しいメンバーのわんこ。名前はボーです。この犬はポルトガル・ウォーター・ドッグという種類で今6ヶ月の男の子のワンちゃんです。
b0130809_0473588.jpg

           「僕の名前はボー・オバマです」
b0130809_0515559.jpg


愛娘マリアちゃんがペット・アレルギーを持っているのでそういう子にも大丈夫な犬種ということでゴールデン・レッドリバーかこの今回ホワイトハウス入りをはたしたポルトガル・ウォーター・ドッグこの2種が候補だったみたいですが。
現地ポルトガルの愛犬家達も大喜びだそうです。きっとこれからブレイクするんだろうなあ。。

b0130809_05636.jpgこのわんこは上院議員のエドワード・ケネディー氏からオバマ家へ贈られたもので名前をつけたのはオバマ大統領の娘達。BO(ボー)ってそういえばオバマ大統領のイニシャルでもあるんですよね。

いまこのボー君は犬専門のトレーナーの人たちにホワイトハウスの中で粗相をしないように厳しい訓練を受けているそうです。大変だあ。なんたってファースト・ドッグですものね。



★~~~~~★~~~~~★~~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~~★~~~~~~★

この幸せなワンちゃん、ボーのニュースを見て一人でも多くの人たちがアニマル・シェルターから里親を探しているわんこや猫ちゃん達アダプトしてくれるのを願うばかりです。

b0130809_0564582.jpg

            [僕達に愛の手を~!」
[PR]
# by toshikomambo | 2009-04-13 01:07 | ニューヨーク生活 | Comments(6)

中庭を駆け回る可愛いリスたち

Spring is just around the corner, 春の予感を感じさせてくれるのは中庭でリスたちが走り回ってるのを見たとき。その可愛いことといったら。。昨日カメラでパチリと撮影。でも~リスってちょっと立ち止まったかと思うとマッハで駆け回るので写真を撮るのって意外と大変~!

木から落っこちてきたどんぐりを食べている。
b0130809_235548.jpg

b0130809_2364840.jpg

雨上がりの水溜りのお水を呑んでいる。
b0130809_2372612.jpg


NYの街って大都会のイメージがあってリスなんかいそうも無いと思う人も多いかと思うけれどこれがとっても多いの。みんな野生のリス。ちょっとした公園、緑があるところにリスって結構いるんですよね~。可愛いです。
b0130809_23122423.jpg

b0130809_2316658.jpg

b0130809_23231053.jpg


去年の10月に姉がNYに遊びに来たときうちの中庭にリスがいっぱいいるのでビックリしていたもの。あの時は蛍も中庭にいたね。


今のシーズン、中庭の土の中に頭を突っ込んで穴を掘っていたり、木から落っこちてきたどんぐりをひろって食べていたり。

ほんとは野生のリスに餌なんかやるとセキュリティーのひとにしかられるんだけど内緒だけどたまに胡桃とかピーナッツとかこっそりあげたりする。そうしたらリスもまたもらえると思ってわたしの後をずっとつけてくる、その様がまた可愛い。


早く春になるといいなあ。。  春眠暁を覚えず。。。

b0130809_23283772.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-30 23:36 | ニューヨーク生活 | Comments(6)

Johnny Pacheco invites Yoko La Japonesa salsera

前売りチケットを買ったときから楽しみにしていたジョニー・パチェコのコンサート。行って来ましたよ!一番のハイライトはNYのサルサ界で今人気沸騰中のサルサ・シンガーYOKOとジョニー・パチェコの共演! すごい良かった~~! YOKOさん、ちょっとヤバイわ~!カッコ良過ぎでしょう。YOKOさんが歌ったあのセリア・クルーズの大ヒットナンバー、Cucala, とLa sopa en botella、ほんとに最高だった! 伸びと張りのあるVOICEが響いていたもの。会場に来ていた周りの人達に“She is my friend!”と叫びまくりたい気持ちでいっぱいでしたね。

そのときの動画です。



ジョニーとYOKOさんの日本語の掛け合いが面白くって会場を沸かせていましたね。スペイン語ペラペラのYOKOさんを前に日本語でJohnnyが一生懸命に話す設定だったのですけどショーの前にYOKOさんからJohnnyが日本語しゃべるのでそのとき盛り上げてくれと言われていたのだけれど。。あんな大きな会場でとってもキャーキャーなんか言えないよぉ。と思っていたけど、そんな心配なんてしなくてもドカンと笑い取れていたので大成功でしたね。

ジョニー・パチェコとはこの人がNYのサルサを作り上げたといっても間違いない大御所サルサ・ミュージシャンで伝説のFania all starsを作り上げた人ですべてのサルサのルーツはこの人と繋がっている。 私もサルサを始めた頃からずっと聴いていてこの日演奏されたすべてのナンバーも大好きでどの曲もサルサ・ダンサーの私の心を思いっきり熱くしてくれます。

このコンサートは彼の74歳の誕生日を祝っての記念コンサート。白髪でピシッとスーツを着こなしてシュッとしているその様はまだまだエネルギッシュである。
やっぱりサルサが大好き!と私に再確認させてくれたいいステージでした。 
b0130809_1275212.jpg

Let’s Keep Salsa alive!!!!

~~~~★~~~~~★~~~~~~★~~~~~~★~~~~~~★~~~~
ここでよく解るサルサ音楽のルーツとジョニー・パチェコについてお友達のMofongoさんの記事を引用させていただきます。これはYokoさんのプレス資料用として書かれたものであるそうです。これであなたも今日からサルサ・マニアですよ~♪

「Johnny Pacheco by Mofongo」
アフリカのリズムとスペインの歌がプエルトリコやキューバで出会ってカリブの音になり、ジャズやR&Bの香りと溶け合った音楽がサルサ。

1950年代のニューヨークには、ジャズやマンボと言ったダンス・ミュージックと共に、プエルトリカンを中心とするスペイン語を母国語とするラテンの一大コミュニティーがあった。そしてその中から、若くてかっこいいヒスパニック自身のための音が生まれてきた。それがいつしか「サルサ」と名づけられたのだった。

ニューヨークで、そのサルサ誕生の最も中心にいたのが、ジョニー・パチェーコ。

1935年にカリブ海のドミニカ共和国で生まれ、ニューヨークのラテン音楽シーンの中で育った彼は、50年代後半には人気アーティストとなり、 64年に「ファニア・レコード」というレーベルを立ち上げる。そして68年、ファニアの音楽家を集め、自らをリーダーとして「ファニア・オール・スターズ」というスター・バンドを結成。世界ツアーの中では来日公演も行なっている。

このバンドと各メンバーの作品はまずニューヨークやプエルトリコの、次いで中南米各国の、そして世界の大きな支持を受け、「サルサ」という音楽を、ラテン音楽の代名詞とするようなブームに押し上げた。その中でファニア・レコードはジャズの「ブルーノート」、ソウルの「モータウン」と言ったレーベルに匹敵するものに大きく成長したのだった。

パチェーコは自らの作品を次々にヒットさせると同時に、作曲、編曲、そしてファニア・レコードで多くのアーティストをプロデュースしヒットさせるという縦横無尽の活躍を続けて来た。グラミー賞の9度のノミネーション、数多くのゴールド・ディスク、様々な音楽賞の受賞などなど、「ニューヨーク・サルサのドン」とも言える超大物アーティストなのだ。

今年74才だが、未だにバンドを率いてコンサートをこなすと同時に若いミュージシャンをサポートする基金の運営にも精力的に活動している。そんな彼は、若いアーティストをサポートする時も手を抜かない。厳しく、しかし暖かく対応すると共に、これと見込んだ新しい才能へは全面的なレスペクトを表す。

今回、3月20日のマンハッタンのタウンホールでのコンサートに日本人のYOKO が共演アーティストとして招待されたと、聞いて驚くと共になるほど、と思った。彼女は単身ニューヨークに渡り、スペイン語の飛び交う現場でたたき上げて、昨年自分のバンドを率いてデビューしたという、サルサの世界では過去に例のない日本人の歌手。しかし、「日本人だから」という希少価値で今回招待されたのではなく、ニューヨークの地元での活動がパチェーコの知るところとなり、実際のステージでの実力を買われて招待されたからだ。パチェーコのような大物は特に共演など必要ない。つまり、彼自身がほれ込んでの招待、という訳なのだ。

ニューヨークという街は、世界からの才能が集まり切磋琢磨する。そのニューヨークのサルサという音楽の世界で、最も影響力のあるジョニー・パチェーコとの共演、これは彼女がこれから羽ばたいて行く大切な瞬間となるだろう。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-25 01:35 | サルサ! | Comments(6)

NYの街ってやっぱり気が抜けないなあ。。

b0130809_0401450.jpg先日街を歩いていてめちゃビックリした話なんだけど・・・

友達のホーム・パーティに呼ばれていたので7時ごろマンハッタンのヘルス・キッチンのあたりをいつものようにipodを聞きながら歩いてたんだ。あれは8番街の54丁目あたり。警察の建物多いところらしくってポリスがやたら目についてたんだけど

そんなの気にせず最近お気に入りのオペラのライブを聞きながらズンズン・ズンズン歩いていたところ。いきなりポリスに止められて、

オイ、あっちへ回れ、このバスの向こう側の車道を歩け!と言ってるではないか? 

え?なんでやねん? て思わずツッコミ入れたいところやけど相手はポリスで真剣に言ってるみたいだし・・でもなんで車走っている車道??危ないやん!

てハッと見たら。。。手錠をかけられた人たちが2列になって10人ぐらいはいた・・警察のバスに乗せて刑務所かどこかへ護送されている最中らしく銃を持ったポリス達がガードしている中を私がポーっと入ってこようとしている状況が瞬時にのみこめたのであった。

なんだかまるで映画のワン・シーンを見てるみたいだった。 ああ、怖っ!

その後すぐホーム・パーティで友達に言ったら、そりゃいきなり護送中のひとが
私を襲って人質にしたり、逃走する可能性も十分あるし。そのまま私がズンズンそのバスに乗り込んで一緒に護送されなくってよかったよ。って友達に言われてしまった.


まじでポーっと道歩いてんじゃないな。やっぱり、NYだから気ィ抜いちゃダメだなと。。実感。

そういえばSubwayのメトロカードのマシーンのお金回収しているときも必ずピストル持ってすぐ撃てるように構えてる人いるものね。。


何も悪い事していないのにやっぱりポリスがいると落ち着かないと感じるのは私だけかな??
ピストル持っている人って怖い。 バン!バーン!

b0130809_045135.jpg

[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-19 00:46 | ニューヨーク生活 | Comments(4)

晴れた日にはソクラテス彫刻公園に行きたい♪

前回のトピでイサム・ノグチ美術館のことを書いたときに触れたソクラテス公園のこと。この公園はイーストリヴァーの川沿いにありマンハッタン・ヴューは一望できるし天気のいい日に行くとほんとに気持ちいい!

野外にドカドカ前衛アーティストの作品がある。ここはイサム・ノグチ美術館からすぐのところにある。無料で誰でも入れる。作品はこんな感じ。
b0130809_0461111.jpg

b0130809_0464915.jpg

b0130809_049524.jpg

犬を一緒に連れて行って走りまわってる人もいるし、ランチを食べてる人も夏などは水着を気持ちよさそうに日光欲しているカップルもいる。

一昔前はこのあたりは廃墟っていうか工場の建物とかあって何にも無いところだったけれど今はどんどんいろんなアーティストたちが移り住んでいるところで。
大昔のSOHOも倉庫街だったていうしそんな感じだったのかもね?
b0130809_0515954.jpg

b0130809_0534458.jpg


広いスタジオを必要とするアーティストたちは家賃が高くて住めないマンハッタンを離れて今はブルックリンやこのQueens, Long Island cityに どんどん移り住んでいるのでこのあたりももうすぐブルックリンのウィリアムバーグやダンボといわれるような街になっていくのかなあ? はたまた有名なギャラリー街に変身していくのだろうか?

実際このあたりは高層の高級コンドミニアムの建設や新しい街作りのプロジェクトがドンドン進んでいる。



ソクラテス彫刻公園(Socrates Sculpture Park)の
インフォはこちらをクリックしてね。

Socrates Sculpture Park
32-01 Vernon Blvd.
Long Island City, NY 11106

地下鉄 : N/W線 Broadway /W線 Broadway
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-16 00:54 | ニューヨーク生活 | Comments(4)

心癒されるイサム・ノグチ美術館@NYC sanpo

NYの数ある美術館の中で私がもっとも心癒されるのはイサム・ノグチ美術館。
イサム・ノグチ美術館のオフィシャルサイトはこちらをクリックしてね。

もちろんNYにはメトロポリタン、MOMA,など大御所美術館がたっくさんあるのでここに住んでるといつでもアートに触れることが出来るけど。ここはなんだか特別な空間がある。
b0130809_0561287.jpg

b0130809_057327.jpg

イサム・ノグチ美術館は何度行ってもあの空間と石の彫刻たちがなんかこう落ち着くっていうか・・ もちろん石だけじゃなくってメタルも木も石像も息づいている存在感が好き。
b0130809_143059.jpg

今回行ったときはブロンズ像の女性フィギュアがとっても美しかった。これは1926-41年代に制作されたものらしい。完璧~なナイスボディである。
b0130809_113331.jpg

b0130809_182166.jpg

このアングルから見ると・・ちょっと大胆な感じがしないでもないけど・・・

野外の庭園美術館がまたいい感じなんだなあ・・
最近行ったときは庭園美術館は改装工事中だったため展示物などの配置が大幅に変更していたので残念であったけど、またもう少し暖かくなったら今度新しい庭園を見に行くのが楽しみ♪
b0130809_16463.jpg

この作品はいつもガーデンにおいてあるのだけれど工事中のため室内で展示。この水の流れをみていると心が洗われるな気持ちになる。

日本人の父とアメリカ人の母を持った日系人のイサム・ノグチのたどった人生も興味深い。日本を始め世界中にある彼の作品はこの美術館でやっている映像で知った。

イサムノグチ美術館はマンハッタンの川向こうのロングアイランド・シティにあり、このあたりはいろんなアーティストのスタジオなどあり今面白くなりそうなところである。

すぐ近くにニューヨーク市のソクラテス彫刻公園がありここは大きな野外のミュージアムで前衛アーティストの作品がこの公園のところどころにドカドカとあって楽しいところである。マンハッタン・ビューもばっちり見えるし。まったくほんとにこのあたりはニューヨークの超穴場である。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-13 01:11 | ニューヨーク生活 | Comments(4)

NY de Volunteer! ②

前回の続きで~す。
b0130809_0592537.jpg


初めてのボランティア活動に参加し地元の子供たちと触れて本当にに私のほうが反対に元気いっぱいもらった。とにかくみんな元気いっぱいで可愛い!
今回私が行ったのはマンハッタンのアッパーウエストに位置するワシントン・ハイツと呼ばれる地区でここは主にドミニカン・リパブリックからの移民の子供たちが多い地区。今NYのブロードウェイでNO.1のミュージカル[In the Height]の舞台になっているところ。

以外にも日本のこと知っている子供が多いのでびっくり。日本について知ってることは?の質問に、ベースボール・プレイヤーっていった子がいて。イチロー、マツイ、ダイスケなど日本人野球選手の名前を言ってくれた子供、日本の首都は東京だと言った子もいて驚いた。

地元のNYの子供たちに日本文化を紹介するプログラムで子供たちと今回一緒にやったことは

日本語での挨拶を教える。
こんにちわ。OOです。(自分の名前を言う)
ありがとう。さようなら。

クイズ
アジアの地図で日本やその他のアジアの国の場所と国旗当てクイズ

ジャンケン・ゲーム
ジャンケンゲームでこんなに盛り上がるとはほんとに驚き

Truth or False ( ほんと?うそ?)のゲーム。
これが一番もりあがったかも。やっている私たちも楽しくって子供たちはエキサイトで叫びまくり。質問は日本に関すること。たとえば。。。

-カリフォルニア州と日本はどっちが大きい? これわかりますか?
なんとカリフォルニア州のほうが日本の国より面積がすこし大きいののですよ。
-ポケモンは日本の漫画か?以外にみんな日本の漫画であること知っていた。 
-日本にマクドナルドはあるか? これはほとんどの子供たちが日本にマクドナルドはないと思っていた。可笑しいでしょう?

などなどほんとに単純だけどユニークな質問ばっかりで


折り紙の飛行機作り。これは日本語の新聞紙を使って。これもNYの子供たちには不思議なもので日本語の新聞紙に興味深々。何かいてあるの?写真を見てはこの人誰?とか質問攻め。
折りあがってからは飛行機の飛ばすコンテスト。子供たちの盛り上がりもクライマックス。
b0130809_164775.jpg
 
b0130809_195156.jpg
 

これは楽しかったですよ。私自身ももう何年もやっていない折り紙練習したのでこれからはこっちの子供たちと接する機会あれば絶対にいいコミュ二ケーションできる自信が出来たので嬉しい。

たけのこ・にゅっき・きー のゲームって知っていますか?

私は知らなかったのだけど、たけのこ、たけのこ、にょっき、きーって1.2.3.って最初誰からでも数字を言ってOKで次々と数字を言っていく。誰かが同時に同じ数字を言ったらOUT.それと最後のナンバーを言った人もOUTになるゲームで単純なのだけどこれもすごい盛り上がり。たけのこなんて簡単にアメリカの子供たちはいえないので急遽バンブー・ゲームと名前を変えて

バンブー・バンブー、にょっき、きー、

子供たちがこんなに素直に喜んでくれるなんてほんとにこのボランティア活動の意味は大きいなあと実感。この子達が大人になってこの経験を忘れずにいて日本の事を好きになってくれたら嬉しいなあと思う。

次回は日本のお習字をアメリカの子供たちに教えるプログラムです。

このあとプログラムは盛りだくさん。そのなかで日本のダンスって言うプログラムも予定されおり、これは今現在オフ・ブロードウェイのミュージカル、「STOMP」に出演中の日本人ダンサーをゲストに招いてダンスに触れてもらう企画もあり私自身も楽しみである。


ボランティア活動に参加してみて本当に得ること多い。
日常生活では出来ない体験できる
生活範囲を超えた人達との心の触れあいがある
普段気付かないNYの一面を発見できる
自分自身のリーダーシップが養われる。
視野が広がる、 気付き、感動、学びがあります


時間の許す限り出来るだけこのプログラムに参加していくぞ~とやる気満々です。社会奉仕は出来るときにやらないとね。

b0130809_104081.jpg

 

100% New York ブログからのお知らせです♪ こちらをクリックしてください。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-10 01:10 | NY de Volunteer | Comments(4)

NY de Volunteer!

b0130809_1594291.jpg前からずっとやってみたいと思っていたことのひとつで今まで実現できなかったこと。それはNYでヴォランティアの仕事に参加すること。今回やっと本格的に実現することになった。

今私はCarlos Konigのダンスチームにはいっていてこれまでいろんなところでサルサのパフォーマンスをする機会があったけれど私は過去2回とってもいい体験をしている。ひとつはNY郊外ロングアイランドであるナーシングホームでパフォをやったとき、車椅子に乗った人や移動ベッドに乗り点滴しながら会場に来てくれた人たち。みんな喜んでくれて嬉かった。

それからヤンキーススタジアムの近くのNYの公立小学校で子供たちとその父兄の前でショーをやったとき。この学校にもちゃんとマンボチームがあってその子たちと一緒に踊ったこと。私なんてまったくのアマチュアであるけれどダンサーのお姉さんってかんじでわーと子供たちに囲まれて。パフォの後で子供たちからの寄せ書きのお礼のカードも貰ってとっても嬉しかった。反対にこっちが感動した。こんな経験から自分も何か社会貢献できないだろうかとずっと思っていた。


それで今回わたしが参加するのはニューヨーク市運営の公式プログラムで6歳-13歳の地元の子供たちを対象に日本の遊び、日本語、茶道、日本食などなど多角的に日本の暮らしや文化を紹介していくボランティア活動である。

b0130809_145483.jpg先日そのオリエンテーションに参加していろんなことを教えてもらったの。本格的に子供たちに教えるのは来週からですが今からワクワクしている、教えるのはまず私がやるのは折り紙で飛行機の作り方を子供たちに教える。飛行機の種類は3種類あって久しぶりに折り紙をした。

ほんとは私自身折り紙で鶴も折れないのだけど(涙…)。飛行機なら何とか覚えてきました。次回は兜かぶとの折り紙も予定されている。かぶとは英語でサムライ・ハットと呼ぶ。こんな言葉知ってたぁ?

小さな子供にわかりやすく英語で折り紙のインストラクションを教えるのは結構大変らしい。出来るだけ発音をクリアーにたとえば日本人の私たちは特にFOLD(折る)とHOLD(持つ)の発音をきちんとやる。とかね。これは基本。

b0130809_1484046.jpgFold down the middle, then unfold, to create a crease…
真ん中を折って折り目をつけて・・・

Meet the corners.. 両端をちゃんとくっつける・・

とかいろいろ。。普段子供と接する機会など無いので折り紙を英語で教えるなんて最初はなかなかすっと英語が出てこなかったけどやってみると楽しい。

それからとにかくやってる間子供を褒めるのがとっても重要なポイントらしい。
とにかく大げさに褒めまくる。
Wow! You made it!(やった~!) You did a Good job!(すごいじゃん!) You are the best!(最高!) Excellent! 何でもいいから褒めまくる。 

そして出来ない子も励ます。ひたすら励ます。Hey, you can do it,
it’s getting almost there! (あきらめないで、もうちょっとよ!)

オバマ大統領の YES! WE CAN! も連発したら受けるかしら??? たぶん(笑)

あとはいろんなゲーム。ジャンケン( Rock, Scissors and Paper-グー・チョキ・パー)とかいろんなクイズなど盛りだくさん。

さて当日はどうなることやら・・ また後日レポートします!
b0130809_15068.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-03 02:03 | NY de Volunteer | Comments(0)

Cubanoson by Papo Ortega

b0130809_1175187.jpg最近お気に入りのキューバン・サルサバンドCubanosonの曲Cubanoson(バンド名と同じ)、こればっかり聞いてる。NYサルサ・ソーシャルでこの曲かかると体にに” Born to be a Dancer”スイッチがパチッと入ってしまう。途中の流れるようなピアノのソロも大好きだし。

たぶんこのバンドの曲はダンサーにとって非常に踊りやすいダンサー‘sカウントがクリアーでしかもメロディリックなんでファンが多いのだと思う。

サルサをはじめた頃はやたらめったらサルサのCDを買って集めていたのだけどサルサのCDって1枚の中で1-2曲ぐらいしかああこれだ!っていうのが多くって。もちろんそうじゃないCDもあるけれど。最近は自分のi-pod(すでに4台目)にお気に入りのファイルいくつも作っていて楽しんでいる。

こんなにサルサが大好きでも情けないことにスペイン語がまるでダメ子の私のサルサ・リソースはNYのソーシャルでかかる曲。私自身もかなりの曲のコレクションを持っているのでSocialで気に入った曲に出会ってもその曲が自分のipodのライブラリーに入ってるのだかどうかも見分けも付かないことがよくある。

NYのソーシャルはすごい人数が来るので次から次へとダンスに誘われること多いのであーこの曲いいなあとおもってもすぐにはDJのところに行けない。後でDJに聞いても3曲前のあの曲。。どの曲?サビを歌え、といわれても・・トホホホ状態。そして迷宮入り。。

でも先日のCarlos Konig SocialのときこのCubanosonがかかって踊り終わった瞬間DJブースにすっ飛んでいってインフォをGETした。前から何度もこの曲いいなあって思っていたものだからね。ちょうどそのときCarlosがDJやっていたので教えてもらってあとでDJ用に編集されたその曲がはいってるCDも貸してもらったのでHappyである。だからちょっとの間だけCarlosのことをMaestra Carlos (注:スペイン語でカルロス大先生みたいな感じの意味ですね) と呼ぶことにした(笑) まあほんとに私の師匠でもあるしね。

でCubanosonをいろいろネットで調べてみたらなんと私の大好きな曲いっぱい歌っているではないか。。あの曲もこの曲もCubanosonだったんだね。。

このリンクで視聴できるからみんなも聞いてみて♪
http://www.cubanoson.com/

b0130809_1214969.jpg

               ハート模様のネコちゃん♪
[PR]
# by toshikomambo | 2009-03-01 01:22 | サルサ! | Comments(0)

おいしい! ベルギー料理のレストラン@NYC

ベルギー料理のレストラン、MARKTに行ってきました。場所はマンハッタンの21丁目と6番街にあります。おいしかったああぁあ~!いや~大満足です!

NYは何でもあるけれどまずは美味しくて値段もそんなに高くなくて店の感じもサービスも良いところで・・というこのレストランのようになかなか気に入ったところが無いのです。この世界中が不景気なときにそうそう高級レストランには行ってられないのだ。

お店の中はこんな感じです。入り口付近のバーのあるところと奥のレストランの風景。気取っていなくてでもちょっとスタイリッシュないい感じである。
b0130809_13474867.jpg

b0130809_13482763.jpg


ベルギー料理は私もあまり詳しくなかったのだけれどシーフードがなんといっても新鮮で美味しい。まずは新鮮なオイスター(生牡蠣)いろんな種類をオーダーする。私は日本の生牡蠣は食べられないがこちらのオイスターはレモンを絞ってケチャップ味のソースとホースラディッシュをちょっとつけて食べるのが大好き!
b0130809_1349551.jpg

b0130809_13494332.jpg

特に有名なのはムール貝のワイン蒸しが有名でこの店もいろんな味のこの料理をそろえていて焼きたてのパンをこのスープにつけて食べるともう本当に美味しい。これにワインさえあれば・・・なんだか幸せな気持ちにある。この一品は写真撮り忘れたぐらいきたらすぐ食べ始めちゃった。

b0130809_13522119.jpg

この下の写真の一品はツナ・タルタル、わさび味。すごい新鮮。これは日本人なら誰でも大好きでしょう。
b0130809_1353224.jpg

b0130809_13563270.jpg

b0130809_1357419.jpg


必ずまた行きたくなるレストランのひとつですね~♪ 愛する人と、気のおけない仲間と。

Info: MARKT
676 6th Ave, New York, NY 10010, tel:212.727.3314
website;www.marktrestaurant.com
[PR]
# by toshikomambo | 2009-02-17 14:04 | 美味しい!レストラン情報 | Comments(2)

もらって嬉しい誕生日プレゼントって

b0130809_221135.jpgもらって嬉しい誕生日プレゼントって・・・・なにかなあ。

このところ私の周りでBirthday の人が何人かいるのでプレゼント選びに頭を悩ませている。

ベストは“ああ~これ!前から欲しかったんだ~!”っていうもの。でもこれってよっぽど親しい仲の人じゃないとわからないけどね。それから自分では買わないけどもらったら嬉しいもの。ちょっと気の利いたもの。サプライズでセンスのいいものね。


高価なものじゃなくても心がこもっていればなんでも嬉しいけどやはり贈る側としては喜ぶ顔が見たくてがんばっちゃうとこありますよね。

自分の時間を割いてその人にために何かをしてあげる。たとえばお料理作るとかレストランで一緒にディナー。 などなどその人とどのぐらいの親しいかにもよるのだけれど。

しかし具体的なギフトとなると。。


たとえば私の友達の誕生日は明日なんだけど。やっとなんとか用意できたところ。
その友達は私のダンスパートナーの一人でもあるわけだし。その彼から私の誕生日にかなり高価なものをもらっているので特に頭を悩ませた。(彼はどちらかといえば一般的なアメリカ人男性)Hubbyに相談するとマフラーとか贈っておけばどうか?なんていうのだ。 だめだめ。たとえカシミアのマフラーなんて贈ってもよっぽど気に入られなければクローゼットの中で永遠の眠りにつく運命をたどりそう。それにリハーサルでその彼とは毎週会うのでぜんぜんそのマフラーを使ってくれていなかったらちょっと悲しい。ティファニーの銀製品のステーショナリーなんてビジネス用の贈り物みたいだし。。
b0130809_220657.jpg

で、私の選んだギフトはMOMAで見つけたワイン用のグッズ。プロのソムリエ顔負けのワインコレクターの彼にぴったりではないか?と。思う。たぶん。
Wine thermometerというものでワインボトルにつけるとそのワインの温度が何度であるかデジタルですぐわかる優れもの。Wine is always served at the correct temperature for optimum taste and bouquet.(ワインは適温で最的条件のもとでサーブされないと意味がない)と考えている人にはいいと思う。デザイン的にもシュッとした感じで自分ではちょっと満足。


手ごろな値段でちょっと気の利いたものなんてそうそう無いのだ。でもあれこれ考えるのも楽しいものである。


b0130809_2245723.jpg
 
[PR]
# by toshikomambo | 2009-02-10 02:26 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

OBAMA CHOCOLATE!  オバマブームは衰え知らす・

いや~オバマ・ブームはいまだに覚めやらず・・それどころが益々勢いを増していくような気がする。
b0130809_3402177.jpg

オバマ・チョコレート!これを発見したのはJFK airportの Duty freeのお店である。ミルクチョコでお味のほうは結構普通だけど。見つけた人はぜひ試してみて。

b0130809_3435471.jpg昨日ユニオン・スクエアーのグリーンマーケットに立ち寄ったけれどあの氷点下の寒い公園でオバマグッズが沢山売られていた。いろんなT-Shirts, Eco tote bags, バッジ、カレンダー。なかなかアートっぽい斬新なT-shirtsがあったのでサルサのレッスン用に着るのにいいかなあともう少しで買うところだったが手にとって見るとあまりの品質の悪さでやめてしまったけど。。だって20ドルであれは無いでしょう。

就任式のあとオバマ・ガールス(愛娘のマリアちゃん10歳とサーシャちゃん7歳)の着ていた服の問い合わせが殺到したり。あれはJ Crewsで特別オーダーで作られたもので市販されていないがあまりの人気に來シーズンに一般用に作り直して販売されるそうである。J Crewsだったとはすごい庶民的ブランドなので驚いたがそこが人気の源なのでしょうね。

巷ではオバマ大統領の愛飲するお茶がヒットしたり。。何でもHonest teaというお茶でグリーン・ドラゴン・ティ味とブラック・フォレスト・ベリー味のボトルは売り切れ状態らしい。今度見つけたら試してみよう。。っと。

オバマ大統領のアート展もNYで開かれたりとオバマブームはまだまだ続きそうである。
b0130809_3471595.jpg

b0130809_242441.jpg


私自身もFacebookでObama supporterをしている。しかしこのコミュはメンバーが500万人以上。Facebook最大ではないのか?オバマ大統領がどんな音楽に影響を受けたかどんな映画好きかから今日のホワイトハウスでは・・などなどそりゃいろ~~んな情報がいっぱい詰まっている。いかに多くの若いジェネレーションの人が彼に興味をもって応援しているかがよくわかる。

アメリカ経済もこの波に乗って速く回復してしていってほしいと強く思う今日この頃である。


b0130809_357798.jpg

[PR]
# by toshikomambo | 2009-02-08 04:00 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

白い歯!NYにおける歯医者選びとは。Teeth Whiteningは痛いぞ!

b0130809_2141381.jpg

アメリカに住んでいるとみんな歯がきれいだなと思う。TVに出ている人、俳優、シンガー、ニュースキャスターなんてほ~んとみんな歯がきれい。歯並びも完璧だ~! 
日本で可愛いといわれる八重歯などはもってのほか!ドラキュラみたいと気持ち悪がられる。日本とアメリカでは大違い。

ところが日本のTVとか見ると俳優でもひどい歯並びの人がいてびっくりする。お笑い芸人にいたってはひどい!さんまちゃんは完璧だけどね。彼は職業上きれいな差し歯に全部変えたらしい。プロフェッショナルはこうでなくっちゃ!

最近。審美歯科という言葉を(いわゆるコスメティック・デンティスト)よく聞き私もずっとやりたいなあと思っていた。もう10年来お世話になっているアメリカ人の歯医者に相談したら専門外らしくってどうも話のピントが合わない。アメリカの歯医者は細かく分野別に分かれているからね。

審美歯科というのはいわいるコスメティックで保険は利かない。知ってのとおりアメリカは日本と保険のシステムが違うので保険か利かなかったらすごい高い!のた。たぶん0の桁はひとつ多いぐらい。。むむむ・・・

それと長年通い慣れた歯医者を変えるのはとっても勇気がいることなのだ。
アメリカでは自分に合う歯医者さんを見つけるのは至難の業。

私はNYに沢山いる日本人の歯医者さんに行くのはどうも気が進まない。NYに住む日本人相手に商売をしている歯医者は値段が高いわりに技術的には・・・であるから。もちろん探せばいい歯医者も沢山あるのだろうけど。

歯医者を変えるときは必ず親しい人、実際やったひとのレファレンスが重要!
私の周りを探しに探してやっと見つけました!実際の経験者。お友達のデザイナー、Mさんからの超お勧め歯医者さん。彼女は1代決心して22本すべて綺麗で白いそして歯並びも変えた!もちろん。値段もひっくり返りそうなくらいすごいものだったけど。でもわたしもいろいろリサーチしていたのでまあ、こんなものでしょうと。私の場合は22本も治すわけじゃないし。。ね?

私のコンプレックスは前歯の1本の色が気に入らなくってこれを1本だけ白くするのではなくて(実際そんなことはかなり効率悪くいい結果が出ないらしい)笑ったとき見えるところだけ白くて綺麗な歯に変えたかったの。

Mさんから紹介してもらった歯医者はマンハッタンのど真ん中ミッドタウンに綺麗なオフィスを構える歯医者さんでさぞかし高いかなと恐る恐る行ってコンサルトしてもらった結果納得いくものだったのでついに・・やりましたよ!

歯医者の値段はどこにオフィスを構えているか、いいところは当然テナント料も高い。それと広告を多くやっているかどうかで大きく違う。口コミでいいって言われている歯医者がやっぱりいいですよね。値段安くてもダメな歯医者も沢山いるわけだし。一概に値段で判断できない。でもされど値段は重要ポイントである。
 

その歯医者さんは手際よく何しろ速い!あっという間に綺麗な白い歯を手に入れました。機材も最新のを設備しているしやっぱり思い切って歯医者変えてみるものだなあと思いました。

レイザーでやった歯のホワイトニングは痛かった~~~ですけど!なんかみんな仮面ライダーのようなメガネかけてやるんですけど。私もお医者さんも助手の人もみんな。 可笑しかったけど。私は治療中ずっとi-podで音楽聴いて快適だった。でも終わった後2日ぐらい超痛かったです。歯の痛みなんだけど虫歯とか神経の痛みじゃなくって今まで味わったことの無い実に不快ないやな痛みでした。。2度とやりたくないです。

綺麗な白い歯を手に入れた後。友達とかの反応は・・無し。まったく無かった。
え~~どうしたの綺麗な歯!なんて誰も言ってくれなかったのだ。

でも考えてみるとそのほうがいいかも。自然に成功したっ!わけだし。私自身としては大満足。とっても気に入ってる。これでワハハハ~~と大口開けて笑えるし。親しい友達に言わせると前から大口開けて笑っていたらしいが・・ 

でもいまは気分がとってもハッピーである。

やってよかった~♪ ふふふ・・きゃ~ b0130809_2184014.jpg  
[PR]
# by toshikomambo | 2009-02-04 02:21 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

風邪引きっ子


b0130809_1124032.jpg
ちょっと風邪でダウンしていました。 でももう大丈夫。
先週のリハの途中いきなり本当突然に咳きがコンコン、コンコンと頼みもしないのに出てきてまっずいなあ。。って思っていたらもう次の日のどが痛くなって。。。お決まりの風邪のフルコースに突入寸前だった。

私は喉など呼吸器官が弱くって手を洗ったり、うがいはもちろんのことかなり気をつけているつもりなんだけどやっぱり風邪引いてしまう。

やっぱりダンス・スタジオっていうのは空気が汚れているんだろうか。。??真冬だって言うのにスタジオに入ったら前のクラスの人息きれなどでモアって・・してるときもあって。。。いやですよね~、あれって。サルサダンサーって風邪の治りも遅いような気がするのはそのせい?


カルロスは少々体調悪くてもリハには出て来い。なんていうけど私はいや。
風邪のウィルスを人にうつしたくもないし人からももらいたくない。ですよね~?もちろん休みましたよ。やる気ある無しの問題じゃないですけど~。風邪引かないラティーノに言っても仕方あるまいが・・


風邪引いたらすぐお医者さんに直行!なんていう人もいるけれど普通の風邪なら
自然に治癒できるはずだし。だよね? 風邪引いてしんどいのに無理してドクターのところへ行ってももその待合室で風邪引いている人がいておまけに咳きしてる人なんているともうダメね、余計に悪くなっちゃいそう。

でも去年風邪をこじらせて大変な目にあったので今回はネットでいろいろと風邪の治し方などいろいろ調べて早期に治してしまった~!風邪は引き始めのケアーが肝心です。
b0130809_11552.jpg

最終的には当たり前のことなんだけど。たっぷりの水分補強とこれまたたっぷりの睡眠。これに限る。今回はミネラルウォーターはもちろんのこと100%オレンジジュースを1日特大パック1個飲んだ。お友達から伝授された炊き出しミルクティにしょうがスライスとシナモンスティックなど。

それと小さな使い捨てのホッカイロを首の後ろのちょっと下のところに風門というつぼがありここに貼っていた。これは思いのほか気持ちよくってかなり効果があったように思う。日本の姉が可愛いミニカイロをいっぱい送ってくれていたので大いに役立った。感謝!

もうひとつ夜眠るときにマスクして寝る。これはかなりいいと思うけど慣れないし息苦しくって目が覚めたらどこかに飛んでいってしまっていたけど。マスクが悪いのかしら?JALの機内でもらったマスクを使用。NYじゃ風邪やアレルギー用のマスクなんて売ってないからね・・・

去年日本に里帰りしたときみんな街中でマスクしていて変な感じだった。でも風邪引いているときとかアレルギーのある人はいいかも。見た目はあれですけど。NYだとマスクして歩いていたらなんだかとんでもない病気の人だと思われて奇異な目で見られること間違いなし。こっちではマスクしてる人なんて工事現場でぐらいしかお目にかかれない。たぶん。


たかが風邪でも風邪は万病のもとですから体大切にしましょうね。

Happy Feet!


b0130809_2313347.jpg
[PR]
# by toshikomambo | 2009-02-02 11:27 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

オバマ大統領就任式とスピーチ



オバマ大統領就任式とスピーチ

もうすでにいろんな人が書いているし演説のすばらしさや内容の英語Scriptや日本語訳などネット上に掲載されているので今さらいう必要も無いと思うけれど

今日は所属してるカルロスダンスチームのリハーサルのとき、メンバーの一人、EnricoがワシントンDCへこの就任式へ実際行ったときの様子を詳しく聞いたのでまた興奮してつい書きたくなってしまった。。 とにかく寒くて寒くてじっとしていられないくらいだったらしい。

やっぱり歴史的な瞬間を身をもって体験するには並大抵じゃないらしい。

私自身もTVの前に釘づけであったひとり。就任スピーチは感動的で完璧だったのにその前の宣誓式で間違って言い直したのにはびっくり。しかも最高裁判官が言った同じ事を繰り返して言う短いものだったのに。 ありゃ~オバマも緊張してるのかしら?でもちょっと人間くさくってよかったけどね。このYou-tubeの始めのところにばっちり言葉につまっているのが映っている。(改定:後でわかったことですがこれは最高裁判官のほうがリハーサルと違うことを間違って言ってしまったのでオバマ大統領が言葉につまったのであった。さすがはオバマ大統領。やっぱり完璧~!)

オバマ大統領が黒人初のアメリカ大統領ということで大きく歴史の1ページを刻んだことは事実であるがわたしはこの人のすごいところは他の政治家に見られない強いリーダーシップ、カリスマ性がある。彼自身インターネットを使いこなして若い人たちがより政治に参加できるようにみんなが解るように政治を難しい言葉ではなくわかりやすい言葉で国民に教えてくれる。

金持ちがより金持ちになる政治ではなく本当に彼が言うように人はすべてイコールであり幸せになる権利があるということを実現させてくれるような気がする。公約はすべて達成してほしいものである。

就任スピーチは本当にすばらしかった。特に最後のほうで 「なぜ男性も女性も子供たちも、どのような人種、宗教の人々も、こうして就任式に集まることができるのか。なぜ約60年前なら地元のレストランで給仕されなかった可能性のある男の息子が、こうして皆さんの前で宣誓式に臨むことができるのか。これこそが、我々の自由、我々の信条の意味なのだ。」

このエモーショナルなところで泣いていた人も多かった。そうほんの60年前のアメリカの南部では黒人は白人といっしょにテーブルにつけなかった。これは事実である。

もちろん日本とアメリカが戦争したのもこの頃だけど。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-01-22 15:05 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

サルサ!La Excelencia Live @ S.O.B’s NYC

サルサ!La Excelencia Live @ S.O.B’s NYC

サルサシンガーのYOKOさんに誘われLa Excelencia(エクセレンシア)のCDリリースパーティのライブに行ってきました。この日のNYはとっても寒くって最高気温が氷点下5度という凍りつきそうな夜だったのですけれどS.O.B’sにはいると満員!すごい熱気である。さすがサルサの発祥地NYだけのことはある。
b0130809_0242056.jpg

b0130809_0255899.jpg


さてこのExcelencia, とってもノリがいいのである。サルサ好きの私の五感にドーンと入ってくる感じ。ステージの前ではみんな夢中で踊りまくっている。

↓デジカメで私自身か撮影してきたVideo Clips. 
 

YOKOさんからExcelenciaのメンバーの一人Kajiさんを紹介してもらう。このひとは唯一の日本人でトロンボーンをやっておられる方でとってもナイスガイである。この厳しいラテン音楽界でがんばっている日本人は誇りである。

↓ こっちの映像はライブのピーク時である!Kajiさんのトロンボーンが冴える!
 

この日はNYサルサ界の歌姫YOKOさんと一緒だったので
1ステージと2度目の間に地下にある楽屋に連れて行ってもらう彼女から沢山のミュ-ジシャンの方を紹介してもらうがそんな一度には思えきれない。。
さすがYOKOさん、とにかく有名である。 

S.O.B’sの楽屋に入ったのは初めて。結構きれいである。飲み物や食べ物が用意してありちょっとしたパーティのようだ。 

私たちサルサ・ダンスのパフォーマーの控え室とはえらい違いである。ひどいところなんて部屋なんて無くって非常階段で着替えるところもあるっていうのに。楽屋はこんな感じ・・
b0130809_030970.jpg


この日のLa Excelencia LiveでNYのサルサ・シーンはまだまだ熱いのを実感できた夜であった。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-01-20 00:37 | サルサ! | Comments(0)

旅客機NYのハドソン川に緊急不時着!Miracle on the Hudson River!

旅客機NYのハドソン川に緊急不時着!Miracle on the Hudson River!
b0130809_220173.jpg

b0130809_220404.jpg


昨日はびっくりしたあ!!こんな奇跡ってあるんだなあって長年NYに住んでいて驚くことは多々あるけれど昨日のTVでBreaking News(速報)! て飛び込んできた映像に釘付け! 乗客155人、乗組員全員無事救出。NYラガーディア空港を飛び立った直後にこんな出来事が起こるなんて・・

昨日のNYはおりしも大寒波注意報が出ていて気温は氷点下7度。エアークラフトの羽に部分に立って救出を待っている人の足元は水に浸かっている人もあり凍傷にならないのか心配でならなかった。
b0130809_2215692.jpg

b0130809_222428.jpg

でもひとつ間違えばマンハッタンに墜落していたってこともありえたので身震いする。大惨事になっていたところである。

待ち受けていた大勢の救助隊とのチームプレイは最高。

助け出された人のインタビューで子供と女性から優先的に助け出されたそうである。 いまこの冷静沈着なパイロットはヒーローになっている。

しかし鳥がエンジン口に突っ込んだのが原因だなんて。人生生きていて何に遭遇するかわかったものじゃないですね。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-01-16 22:04 | ニューヨーク生活 | Comments(0)

大阪通天閣はめちゃ面白い。

大阪通天閣はめちゃ面白い。去年日本里帰りのときはNYの友達何人かと一緒だったったので通天閣ツアーをやった。なかでもそのときに行った大衆演劇がかなりインパクトあっておもしろかったので今年の日本里帰りには父親と夫を連れて行った。
b0130809_14275530.jpg

大阪通天閣の朝日劇場、100年の歴史を持つこの大衆劇場はお正月だったので大入り満席!市川仙太郎劇団でお題は仙太郎とお種。これだけでもゾクゾク。ワクワク。気分はすっかりブレード・ランナーである。中に入ると大阪のおばちゃんだらけ、かなり年代層高い。お芝居と歌謡ショーの2部構成で歌のときはキラキラのライトを客席からファンのひとたちが振っていたり私は逆カルチャーショック。
b0130809_14285575.jpg

この人が市川仙太郎さん。ショーの後、劇場の前でファンの人たちと気軽に写真撮影やおしゃべりする。
b0130809_14293584.jpg


しかしここで決定的にガキのアイドルファンと違うのは。おひいきの役者の
ここぞという場面にささっさ~と舞台のどまん前にでて1万円札の見せびらかして役者の胸元に入れるのである。ある人は3万円。ある人は5万円。

この不景気なときにここだけは別世界。うちの父親は“ほんまかいな~、あれサクラちゃうか~?”摩訶不思議である。

このショーの前に父と通天閣名物の串かつと熱燗のお酒でまずはほんのりいい気分!揚げたての串かつはうまい!
b0130809_14301253.jpg

b0130809_1430534.jpg

ビリケンさんもそこらじゅうにいっぱい。観光客もいっぱい。
その昔私が子供の頃は通天閣なんてガラ悪くって怖いところと思ったいたのに大きな変化である。
b0130809_14302745.jpg

大阪ではボブ・マーレイも串かつ、むちゃ安いやん!と絶賛する。
b0130809_14343871.jpg

b0130809_14314897.jpg

今回の里帰りは富士山はばっちり見えるし良いこと続きでこの日も先着100名様の抽選で1等が出てまたこのお芝居の優待券を当たったのだ。お店の人もあんた、よかったな~ラッキーやでといわれるし。そばにいたおばちゃんたちからもあんた、よかったなあ。すごいやん。と言われ。そんなにすごいことなのか?私としては意味わからん状態。でもまあ大阪のおばちゃんたちは誰にでも気軽にしゃべりかけるので悪い気はしない。


もちろん当たった優待券はお父さんにあげた。母も生きていてこんなところに連れて行ったら絶対喜ぶのになあとちょっと悲しくなった。親孝行したいときに親はなし。マジそう思う。

やっぱり大阪はいつ帰ってきてもいいなあ。今NYに戻ってきてなおさらそう思う。どれだけ離れていても会えは瞬時に昔に戻る友達もいっぱいいて私は幸せもでのある。
[PR]
# by toshikomambo | 2009-01-11 14:46 | トラベル | Comments(0)

日本のお菓子

1年ちょっとぶりの日本里帰りでどっさり日本のお菓子を買ってきました!
自分へのお土産は日本のお菓子! 日本のお菓子大好き053.gif

今回一番気にいったのは黒豆のお菓子。豆菓子というのかな?ソフトな感触と甘さおさえ気味でもしっかり黒豆!「国内産」ってしっかりシールが貼ってあるのは今風。中国産でないことをアピールしたいのかな?渋い一品だけどなんだか心揺さぶられるノスタルジックな味。

弟がこれめっちゃうまいで~といって買って来てくれたお正月限定版の黒豆あんこのたい焼き。皮がクリスピーで中身はしっぽまでぎっしりつまったこれまた甘さ抑え目の黒豆たい焼き。さすがは大阪!これも感激。

次はテラミスのチョコ!これはまわりがテラミスチョコで中身がミルクチョコで食べるとトロ~って口の中でテラミス~~!ウッ!って感じ。ダンス仲間のお土産にたくさん買って帰ったもので昨日のリハーサルに持っていったらあっという間になくなってしまったアメリカ人に超うけたお菓子。名前は忘れちゃったけどひとつづつキャンディーみたいに包んであってお菓子の何とか最優秀賞受賞!なんてキラキラのシースが貼ってあった。ミルクモカのトリュフのチョコもいっしょにもっていったけれど。こっちもまあまあ人気。でもテラミス・チョコの圧勝である。

反対にアメリカンに人気のなかったのはきな粉ミルクキャンディ。私は大好き!初めて食べたときは感動すら覚えた。本物のきな粉味でしばらくするとミルクの味が中からふわってして。。友達のビルにthis is super tasty! これめっちゃうまいで~! といってあげたのに口にいれたとたん。ウっ!ってかんじでちょっと吐き出しそうになっていたのを見逃さなかった。。悲しい・・。きっと生まれて初めてきな粉味に触れたんだろう。。きな粉味を理解できないなんておばかな奴。

そしてどういうわけか手に入った九州でしか売っていない九州限定版の明太子スパゲティ味のスナック菓子。かなりスパイシーだけどほんとに明太子の味がする不思議なお菓子。かなりいける。それとお菓子ではないけれどこれも九州限定発売の明太子マヨネーズ。これにはちょっとまいった。おせちのかまぼこにつけて食べるとめちゃいける。なににでも合う超優れもの。どうしてこれを全国発売しないのかしらね? 

それからわたしはおかきにも目がない。大好き!東京で言うとおせんべいになるのかな?お土産にもらったし自分自身もいろいろ買った。昔ながらの京都のおたべとか名古屋ういろうも大好き。栗蒸しようかん。とか小さいころ食べた懐かしい味。あとは限りなく。当分の間はたくさんのお菓子のストックがあるので幸せな気分である。


正月明けの教訓:注意一秒!デブ一生! ああ~怖っ!
[PR]
# by toshikomambo | 2009-01-09 00:21 | トラベル | Comments(0)


ニューヨークで洋裁教室をしています。ミシンのある素敵な暮らし、ソーイングの輪を広げていきたいです。Sew Easy NY洋裁教室のお話。NYファション街生地屋ツアーなど最新NY情報を発信中。


by Toshiko Nakaura

プロフィールを見る

最新の記事

マリメッコの生地で自分用のワ..
at 2018-04-18 23:44
手作り☆ワンコのサンバイザー..
at 2018-04-13 11:05
ソーイージー・ニューヨーク洋..
at 2018-04-08 00:09
リバーシブル帽子のソーイング..
at 2018-04-01 23:16
ネットショップで販売促進のプ..
at 2018-03-22 21:44
教室風景ベビー用品ソーイング..
at 2018-03-19 00:04
ニューヨークでソーイングレッ..
at 2018-03-15 17:30
可愛くて大人もちゃんと使える..
at 2018-03-04 23:48
洋服のお直し・リフォーム/リ..
at 2018-02-26 03:05
ベビー用品ソーイングワークシ..
at 2018-02-19 04:41
教室の生徒様作品・トートバッ..
at 2018-02-09 01:07
NYジャピオン・男のバレンタ..
at 2018-02-03 07:44
「生徒様の作品」素敵なウール..
at 2018-01-28 03:42
ウールのスカートとお揃いのバ..
at 2018-01-24 00:47
【ニューヨーク・ファッション..
at 2018-01-20 12:14

記事ランキング

Sew Easy NYについて

Sew Easy NYはニューヨークのサニーサイドにある洋裁教室です。

洋裁基礎・初級コース、好きなものを作る自由科コース、ワンピース、ベビー・子供服、帽子や小物などを作る1日洋裁教室など沢山のワークショップを随時開催しております。

まずはお気軽に体験レッスンに参加ください。

*教室のお問い合わせはこちら Email: info@seweasyny.com

*公式HPはこちら
 http://seweasyny.com


*個人ではなかなか行けないNYファッション街生地屋さんツアーの詳細はこちら
http://seweasyny.com/sewing-class/materials/

カテゴリ

全体
プロフィール
洋裁教室 各コース案内
Sew Easy NY洋裁教室
ネットショップ
洋裁教室体験レッスン
洋裁教室生徒作品
NYファッション街生地屋ツアー
1日洋裁教室
ベビー・子供服 洋裁コース
洋服のお直しについて
型紙販売
サルサ!
ニューヨーク生活
トラベル
美味しい!レストラン情報
NY de Volunteer
未分類

ライフログ

P69に載ってます!
ソーイングポシェ vol.14 (Heart Warming Life)

NYの洋裁教室

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

その他のジャンル